雄大な阿蘇・くじゅう連山を望む童心回帰農場にブランコを造りたい!

現在の金額
¥2,171,000
目標金額 ¥350,000
620%
次の目標金額 ¥2,000,000 へ挑戦中!

このプロジェクトは目標金額の達成に関係なく、必ず実行されます。支援コースにお申し込み頂いた時点で支援成立となります。

支援した人数 241人
募集終了まで 終了しました

【熊本地震復興支援プロジェクト】
雄大な久住山を望む阿蘇くじゅう国立公園内の童心回帰農場・TAKETAに「ハイジのブランコ」みたいな「ルン爺のブランコ」を造って、訪れる人の誰もが「生きてて良かった」と思ってもらえる農場を創りたい。
そんなルンズ・ファームの夢への応援をよろしくお願いいたします。

【熊本地震復興支援プロジェクト】
雄大な久住山を望む阿蘇くじゅう国立公園内の童心回帰農場・TAKETAに「ハイジのブランコ」みたいな「ルン爺のブランコ」を造って、訪れる人の誰もが「生きてて良かった」と思ってもらえる農場を創りたい。
そんなルンズ・ファームの夢への応援をよろしくお願いいたします。

3/3 更新:
「こんなブランコあったらいいな!コンテスト」開催します!

詳しくは ⇒ こんなブランコあったらいいな!コンテスト

3/1 更新:
第2目標60万円達成しました!!!
ブランコ村実現にまた1歩前進です!

第2目標の60万円、ルン爺のブランコ2号(お子様用)を達成することができました。 ひとえにご支援いただいた皆さまのお陰です。 本当にありがとうございます。 ブランコ村創りを実現させるため、第3目標200万円に向かって突き進みます!

ブランコ村にこんなブランコあったら楽しいかな!と呟きながら絵を描いているルン爺^^

2/26 更新:
第1目標35万円達成しました!!!
ルン爺のブランコ1号の完成をお楽しみに♪

皆さまの温かいご支援のおかげで、第1目標の35万円を達成することができました。 支援者の皆さま、本当にありがとうございます! 次の目標へ向けて頑張って参りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします!

わたしのはなし

こんにちは!プロジェクト実行者の吉田しのぶです。
まずは自己紹介をします。

私は1957年熊本生まれ。河内(かわち)温泉で産湯に浸かり、幼少期は自然の中で遊ぶのが大好きでした。今でもそうですが・・・!(笑)
生まれつき好奇心旺盛で活発な性格で、良きにつけ悪しきにつけ、突拍子もない行動で人を驚かすと言われ続けてきましたが、
何事も動いてみなきゃわからない
足踏みしていても靴底は減る
思い立ったが吉日
で今日まで生きています。

熊本城マラソンを着物で走る私(笑)毎年、走っています!

子どもの世話をすることが好きだったことから乳幼児教育の分野に進み、その間、化粧品会社のキャンペーンモデルを経て、24歳で文化人類学研究者と結婚。八重山諸島・アメリカ・北海道・福岡と移住を続け、40歳で単身熊本にUターンしてきました。

2005年より東京と熊本で馬肉料理店女将として勤務。その後、飲食業から農業の世界に飛び込み、「ルンズ・ファームホールディングス株式会社」「農業法人 童心回帰農場・TAKETA株式会社」の代表取締役となり、現在に至っています。

生きるモットーは「一日は一生の縮図」。

大好きな自然に囲まれて、毎日が充実しています!

なぜ農業の世界へ?

人間誰しも岐路に立つことはありますが、周りが驚いた飲食業から農業への転身は、心の奥底にあった「やりたいこと」に合致したからでした。
海外生活や旅を通して「地球人」という意識が強くなり、私はいつも心の奥底で未来を担う次世代のために残すことのできる「何か」を模索していました。

2013年秋、運命の出会いは唐突にやってきました。
完全無農薬自然農法で15,000本のワイン用ぶどうを栽培した経験を持つ農夫・ルン爺と出会ったことで、これからの日本、いや世界を救うのは農業だ!と直感が働いたのです。
あっ、ルン爺とはルンズ・ファームの爺さまで、略して「ルン爺」ってことです。
当時、ルン爺は阿蘇くじゅうで農地を探していたのです。

笑顔がとってもチャーミングなルン爺!

2001年に就農したルン爺が当初から掲げていた理念を聞いた私は、次世代に残すことのできる「何か」をそこに見出しました。
自然に親しみ、土に触れ、人の命を育む「命」を育てる農業の大切さ。健全な農業は地球の未来を担う子どもたちや若者へのより良い環境、現代社会で疲弊した人の心の蘇生へ繋がると確信を持ったのです。

農場の話

ルンズの第1号農場は、阿蘇くじゅう国立公園内に位置する素晴らしい環境の中にあります。
広さは17.9ha(東京ドーム約4個分)。名前は「童心回帰農場・TAKETA」。
10年・20年・30年先の農場の姿をイメージして、誰もが童心に還って遊び・寛ぎ・癒され・学び、生きることの歓びを再認識することのできる農場となるよう、そう名付けました。

童心回帰農場・TAKETAから望む雄大な久住山

農場では、九州に自生する絶滅危惧種・レッドブック登載寸前の山ブドウを保護し育て、アンフォーラワイン(素焼きの壺で熟成させるワイン)にする計画を立て実行に移しています。
多くの皆さまのご協力をいただきながら、幻の果実と呼ばれるポポーブルーベリースモモホーリーバジルも育てています。

昨春行ったクラウドファンディングでは、ご支援くださった方々のお陰で、農場内の燻製小屋建設に着手することが出来ました。

建設中の燻製小屋の近くに陽光桜(ようこうざくら)を植える私。完成するのが楽しみ♪
アンフォーラ発酵について説明するルン爺。真剣です。

また、「童心回帰農場・TAKETA」は、農場創りにご参加くださっているLFM(ルンズ・フレンドシップメンバーズ)の会員さんと共に、ルンズが掲げる理念を具現化するフィールドとして、環境に溶け込んだ自然遊園地「アミューズメント・ファーム」としても整備を進めています。

農場内に点在する、おとぎの国に出てくるようなホビットハウス風の「ルンズのおうち」は、4月中旬より貸出しを予定しています。

お客様が撮影した「ルンズのおうち」の素敵なお写真!

広い敷地内には草スキーに最適な傾斜地があり、多くの人々に楽しんでいただいています。

童心に還って楽しめます!

ブランコの話

現在、ルン爺は70歳、私は60歳。

足して130歳コンビの私たちは、10年・20年・30年、いや50年100年先の農場の姿をイメージしながら、生きているうちに次の世代に「夢」と「希望」が持てる未来への布石を残したい!という想いでルンズの農場創りに取り組んでいます。

ワクワクするようなコトを計画しています!

自然遊園地「アミューズメント・ファーム」としての農場には周りの景観に溶け込むような自然の遊具、木造りのブランコやシーソーがあれば、とっても素敵です!

初めて農場予定地に足を踏み入れた時の感動を、私は今も鮮明に覚えています。 北に荘厳なくじゅう連山、南西には涅槃像の阿蘇五岳、南には祖母山が見渡せるこの大草原には、まるでアルプスの少女ハイジが出てきそう。

ここにブランコを造ったらまるで『ハイジのブランコ』ですね!」と私が言うと、ルン爺がこう応えました。

100歳まで現役ファーマー続行を断言するルン爺、同じく100歳まで好奇心旺盛で突拍子もない行動で周りを驚かせたい私。

先ずは、「ハイジのブランコ」みたいな「ルン爺のブランコ」を農場内の高台に2基造って、それから大小様々なブランコで遊べる「世界のブランコ村」を創りたい!!
訪れる人の誰もが「生きてて良かった」と思ってもらえる農場を創りたい!!

それが私たちの願いルンズ・ファームの夢です。

その夢の実現が、これからの私たちの人生を創ってゆきます。

私には遠くから、くじゅう連山に響き渡る子どもたちの歓声が聞こえています。

ここにブランコ第一号を作ります!

思い描くブランコをカタチにするルン爺

完成したブランコの図面。高さ5mのおっきなブランコです!
実はブランコのテーマソングも作ってます♬

ブランコを造るためには、資材購入などの資金が必要です。
皆さま、どうかご支援をよろしくお願いいたします!

ルンズへの応援メッセージ

ビリギャル・小林さやか様

久住高原童心回帰農場に初めて伺ったのはお仕事の一環でした。
「食育」を勉強中のわたしは、教科書に載っていることだけではなくて実際に畑で作物をつくっていらっしゃる方のお話を伺いたい!と思っておりましたので、この訪問はわたしの価値観を180度変えてしまうものになりました。
ルン爺やしのぶさんのお話を伺って、自分たちの利益でなく、日本の未来のためにこの農法がなくてはならないという信念と熱意に感動いたしました。
そしてなにより、久住が持つ大自然とパワー、星空、そして地域の方々のお人柄が忘れられません。
素敵なところに出会っちゃった!というのが最初の訪問の感想です。
わたしは東京にいるときでも、あの広大な緑をバックに大声で笑っているルン爺やしのぶさんのお顔が目に浮かびます。
ルン爺のブランコに乗ってハイジになりに行くのを楽しみにしています!

シンガーソングライター 嘉門達夫様

代表の吉田しのぶさんとは不思議なご縁で長年お付き合いさせてもらってます。
意気投合して富士登山や屋久島にも一緒に行きました。
いつも、突拍子ない行動で人生を切り開いて来たしのぶさんが、今度は農場をやると言うのです。
平穏無事な道を選ばず、傷だらけで前進する生きざまを支持します。
彼女の提案に耳を傾けてみて下さい。
今後の人生が豊かになる事を約束します。

重量挙げ金メダリスト 三宅義信様

久住高原で農業をはじめたという吉田しのぶさんが、農場にブランコ村を創りたいという話しを聞きました。
子どもも大人も、大自然の中で遊ぶことは健康の保持増進に繋がります。
童心回帰農場ブランコ村構想を応援します!

支援金の使い道

支援金は下記の内容に使用いたします。

ロープ・金具・丸太等の材料と運搬費一部:30万円
リターン費用:4万円
決済手数料(約4%):1万円

もし目標金額を超える支援金が集まった場合は、ブランコ以外の農場・施設整備などに大切に活用させていただきます。何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

※本プロジェクトはドリームレイジングが定める【熊本地震復興支援プロジェクト】(熊本・大分の復興支援に寄与するプロジェクト)に認定されています。決済手数料(約4%)を差し引いたすべての支援金がプロジェクトに活用されます。

リターン(お礼品)のご紹介

ご支援金額に応じて童心回帰農場・TAKETAオリジナグッズをご提供させて頂きます。

■クマガワブドウ・エッセンシャルクリーム

ブドウ農家のルン爺が作った絶滅危惧寸前のクマガワブドウのエキスを配合したエッセンシャルクリームです。製品コンセプトは「絶滅危惧植物のエキスがあなたを救う。エキスを使うあなたが絶滅危惧植物を救う。」ぜひこの機会にお試しください!

■幻の果実ポポー

輸送が難しく、市場にほとんど出回らないため幻の果実と呼ばれる「ポポー」。濃厚な甘みとクリーミーな舌触りが特徴で、別名「森のカスタードクリーム」と呼ばれるほど。ぜひこの機会にご賞味ください!

■ルン爺のスモークチキン

大分県産地鶏「おおいた冠地どり」を岩塩のみを使用し、無添加・無着色で燻製していますので、お子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。胸肉なのにとってもジューシー。旨味が凝縮されたスモークチキンをぜひご賞味ください!

■「ルン爺のブランコ」乗り放題1年フリーパス

どこまでも広がる青空。北に荘厳なくじゅう連山、南西には涅槃像の阿蘇五岳、南には祖母山が見渡せる大草原。この青空と大草原の間に広がる空間に弧を描きながら往き来するブランコに乗れば気分はまるでアルプスの少女ハイジ!童心に還って思いっきりブランコを楽しんでみませんか?

※有効期限は2017年4月から1年間とさせていただきます。
※ご利用はご本人様のみとさせていただきます。

■「ルンズのおうち」3棟丸ごと1日貸切り券

まるで大地に住むかのように自然と一体化したホビットハウス風の「ルンズのおうち」。4月中旬より一般貸出しを開始する予定です。今回は3棟丸ごと1日貸切り券をクラウドファンディング特別価格でご提供いたします!農場内では草スキーや様々な自然体験・学習、バーベキュー(有料)などがお楽しみいただけます(もちろんルン爺のブランコも)。ぜひこの機会にレクリエーションや体験学習、社員旅行などでご活用ください。

※有効期限は2017年4月から1年間とさせていただきます。
※3棟あわせて約20名様までご利用可能です。
※ご予約状況によって分割とさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。
※ルンズのおうち貸出しは4月中旬より開始予定です。(通常価格1棟35,000円 税別)

■特別プレゼント
今回、プロジェクトの趣旨にご賛同いただいた「民宿久住(久住高原温泉)」さまより「温泉入浴券」、そして「くじゅう花公園」さまより「入場券+ソフトクリーム引換券」をご提供いただきました!こちらをリターンにプラスいたします!

【民宿久住・久住高原温泉】
童心回帰農場・TAKETAから車で約5分。
無色透明で柔らかい泉質の天然かけ流し温泉です。
雄大な久住連山を眺めながらリラックスできます。
◆泉質…ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
◆効能…きりきず、やけど、慢性皮膚病、高血圧症、動脈硬化など。
http://www.shokokai.or.jp/44/4444210032/

【風香る花の村・くじゅう花公園】
童心回帰農場・TAKETAから車で約5分。
日本百名山のくじゅう連山や遠くに阿蘇五岳を背景とした美しい自然が満喫できる日本最大級の花公園です。
春から秋を通じて約500種300万本の花々が咲き誇ります。
http://www.hanakoen.com/

今回、リターンは1,000円~100,000円までの7コースをご用意しております。無理のない金額でご支援いただければと思います。

1,000円コース

・お礼のポストカード
農場内の風景写真に私たちからの感謝のメッセージを入れてお送りいたします。
※画像はイメージです。

3,000円コース

・お礼のポストカード
・クマガワブドウ・エッセンシャルクリーム

5,000円コース

・お礼のポストカード
・クマガワブドウ・エッセンシャルクリーム
・「ルン爺のブランコ」乗り放題1年フリーパス×1枚
・【久住高原温泉】温泉入浴券1枚
・【くじゅう花公園】入場券1枚+ソフトクリーム引換券1枚

※フリーパスの有効期限は2017年4月から1年間とさせていただきます。
※ご利用はご本人様のみとさせていただきます。
※くじゅう花公園は冬期休園期間有り(12月1日〜3月31日まで)

10,000円コース

・お礼のポストカード
・ルン爺のスモークチキン(約120g)×2パック
・幻の果実ポポー×1〜2個(大きさにより数が変わります)
・「ルン爺のブランコ」乗り放題1年フリーパス×1枚
・【久住高原温泉】温泉入浴券2枚
・【くじゅう花公園】入場券2枚+ソフトクリーム引換券2枚

※フリーパスの有効期限は2017年4月から1年間とさせていただきます。
※ご利用はご本人様のみとさせていただきます。
※くじゅう花公園は冬期休園期間有り(12月1日〜3月31日まで)

20,000円コース

・お礼のポストカード
・ルン爺のスモークチキン(約120g)×5パック
・幻の果実ポポー×2〜3個(大きさにより数が変わります)
・「ルン爺のブランコ」乗り放題1年フリーパス×2枚
・【久住高原温泉】温泉入浴券4枚
・【くじゅう花公園】入場券5枚+ソフトクリーム引換券5枚

※フリーパスの有効期限は2017年4月から1年間とさせていただきます。
※ご利用はご本人様のみとさせていただきます。
※くじゅう花公園は冬期休園期間有り(12月1日〜3月31日まで)

50,000円コース

・お礼のポストカード
・「ルンズのおうち」3棟丸ごと1日貸切り券 × 1回
・【久住高原温泉】温泉入浴券10枚
・【くじゅう花公園】入場券10枚+ソフトクリーム引換券10枚

「ルンズのおうち」ご利用日は人数に限らずブランコ乗り放題となっております。
※有効期限は2017年4月から1年間とさせていただきます。
※3棟あわせて約20名様までご利用可能です。
※ご予約状況によって分割とさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。
※ルンズのおうち貸出しは4月中旬より開始予定です。(通常価格1棟35,000円 税別)
※くじゅう花公園は冬期休園期間有り(12月1日〜3月31日まで)

100,000円コース

・お礼のポストカード
・「ルンズのおうち」3棟丸ごと1日貸切り券 × 2回
・【久住高原温泉】温泉入浴券20枚
・【くじゅう花公園】入場券20枚+ソフトクリーム引換券20枚

「ルンズのおうち」ご利用日は人数に限らずブランコ乗り放題となっております。
※有効期限は2017年4月から1年間とさせていただきます。
※3棟あわせて約20名様までご利用可能です。
※ご予約状況によって分割とさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。
※ルンズのおうち貸出しは4月中旬より開始予定です。(通常価格1棟35,000円 税別)
※くじゅう花公園は冬期休園期間有り(12月1日〜3月31日まで)

童心回帰農場・TAKETAとは?

2015年4月。「童心回帰農場・TAKETA」(17.9ヘクタール)は、ルンズが展開する第一号農場として、大分県竹田市と契約し、阿蘇くじゅう国立公園・久住高原にて整備をスタートしました。

大分県庁での調印式

農場は久住高原標高700メートルに位置し、北にくじゅう連山、南に祖母山、南西に阿蘇五岳という日本百名山に入る九州の山々を見渡すことができます。

広大なルンズ・ファーム「童心回帰農場・TAKETA」

自然はすべてが学びの場。

童心回帰農場・TAKETAではたくさんの「学び」を提供しています。ルンズのおうちをはじめとして、環境アートなどの建設を、参加・体験型農場として運営しています。

大地や植物に触れ、一人でも多くの方々に自然に親しんでいただき、老若男女誰もが童心に帰って遊び・寛ぎ・癒され・学び・生きることの歓びを再認識できる農場を目指します。

映画に出てくるような世界に、あなたもぜひ加わってください!

夕焼けも最高に綺麗です(撮影:吉岡功治)

都会では見ることのできない満天の星空(撮影:吉岡功治)

ルンズのメンバー紹介

吉田しのぶ

1957年熊本生まれ。生まれも育ちも熊本の、体育会系「肥後の猛婦」。幼稚園教諭、モデルを経て、八重山諸島・アメリカ・北海道・福岡と移住を続け、40歳で熊本にUターン。
2005年春、人生のリセットで単身地球一周の船旅に出る。
帰国後は東京と熊本で馬肉料理店女将として勤務。
2013年秋、ファーマー・永澤徹氏との出会いで「これからの日本に必要なのは農業だ!」と気づく。「ルンズ・ファームホールディング株式会社」「農業法人 童心回帰農場・TAKETA株式会社」の代表取締役となり、飲食業から農業の世界に飛び込み現在に至る。

永澤徹(ルン爺)

1947年生まれ。宮城県で農業を営んでいた祖父の影響を受け小学生の頃から農業に憧れ52歳で就農。自然栽培で15,000本のワイン用ぶどうを栽培。土壌微生物が多様・活性なほど健全な土壌となり、健全な土壌が良質な作物を育てるという祖父の教えを実践している。
2015年4月1日より阿蘇くじゅう国立公園内の大地に移り農場建設に着手。日本原産品種で絶滅危惧種山ぶどうの保存・復活・栽培と、土中に埋めたアンフォーラ【素焼きのかめ】で発酵させるワイン造りに取り組むかたわら、日本農業の復活と復興、創業の理念の達成をライフワークとする。

最新の新着情報

2017/04/30

ルン爺のブランコ2号基の進捗

こんにちは、吉田しのぶです。 明日から5月。久住高原に新緑の季節が到来しました。 ルン爺のブランコ2号基づくりは要所要所での助っ人登場で、思っていたより早く進んでいます。 農場の見張り番のイーグル・福を呼ぶフクロウ・幸せ […]